なぜ多くの人が英会話学校に通っても話せるようにならないのでしょうか?

なぜ多くの人が英会話学校に通っても話せるようにならないのでしょうか?

ビジネス英会話ができない原因は、ビジネス英会話を身に付けることを目的にしているからというのがありました。

 

それと同じように、英会話学校に通っても話せるようにならないのは目的設定や手順が間違っているからです。

 

英会話ができるようになるためには、話せないといけないと思って、英会話学校に通う人が多いですが、話せるようになる人は目的がはっきりしているか、ある程度の英語力がすでにある場合です。

 

目的というのは、商談を成功させたい、海外で仕事をしたい、外国人の恋人が欲しいなどです。

 

これらの目的に共通するのは、英会話はあくまでもツールであるという点です。

 

ところが英会話ができるようになりたいというのが目的の人は、着地点が不明確のため、英会話を習っているということに満足してしまっているのです。

 

また、基礎的な英語力が無いのに英会話学校に通ってもできるようにはなりません。

 

基礎英語力が無い人は、単語や文法、構文などを覚えることから始めて、土台を築いた上で、話す練習の場として英会話学校に通うのが手順として正しいです。

 

以上をまとめると、英会話を話せるようになりたい目的をはっきりさせ、正しい手順を知った上で、英会話の勉強をしましょう。

 


 

ビジネス英会話ができない原因とは?に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加