完璧な英語よりもコミュニケーションが大切

完璧な英語よりもコミュニケーションが大切

日本人はビジネス英会話についてのみならず全てについて完璧主義であると感じます。

 

実際に英語を話そうとすると、文法が気になってしまい間違ったままでは恥ずかしいからと口を開かなくなってしまったり、言わなければならないことも言えなくなってしまう、そしてせっかくの知り合いになるチャンスも潰してしまう。ありがちではないでしょうか。

 

先日こんなことがありました。

 

私の友人に学校の英語の先生がいます。彼女は英語の文法と正しい発音には自信がある人でした。

 

ただ一つ致命的だったのが、いわゆるネイティブと話したことがなかったことです。言いかえると英語で他人とコミュニケーションをとったことがなかったのです。

 

そこで、私は彼女をネイティブと話すことのできるクラブに連れて行き友達と引き合わせました。事前にそのことを彼女に伝えてあったので、英語の先生の彼女は話したいことを全てメモにまとめていました。

 

しばらく、当たり障りのない話をしたあと、ネイティブの友人は「I wish, I was...」と言いました。

 

実はこれは文法的には間違っていてI wish, I wereが正解なのですが、、。

 

それを英語の先生の彼女は耳にして、鬼の首を取ったかのように質問し出しました。

 

なぜwasなのか、間違っているのではないか、間違っていないのなら根拠を教えてほしいと。

 

それまでうまくコミュニケーションがとれ、楽しく話していたのにその場の雰囲気は奇妙なものになりました。

 

これは極端な例ですが、ネイティブでも文法的に正しい言葉を常に話せるわけではないのです。

 

ちなみにこのネイティブの友人はアメリカの州立大学を卒業している知的レベルの高い人でした。それでも間違いはするのです。

 

でも話したいという気持ちを持って会話をしていればそのようなことも気にはならないはず。

 

もちろん、日本人の私たちが間違っても、コミュニケーションしたいと一生懸命ジェスチャーも交えながら話せば先方も一生懸命聞いてくれるのです。

 

勉強が悪いわけではありません。でも時にはコミュニケーションしたいという気持ちこそがビジネス英会話の上達の即効薬なのかも知れません。

 

  • 生徒が英会話を勉強する目的、時間的余裕、予算をしっかり聞き、ぴったりあったコースを提案するカウンセリングがあります。
  • 生徒の習熟度を把握しやすい担任制をひいています。
  • 「イーオン・ネット・キャンパス」というインターネットポータルサイトを利用してレッスンの掘り下げができます。
イーオンは全国に300校のスクールを持つ大手英会話スクールです。充実したカウンセリングや担任制で生徒の上達度を責任もって管理する点、インターネットでレッスンを掘り下げて勉強できる点が特長です。
無料体験レッスンの申込みはこちらから

 

  • 英会話を学ぶ目的と予算を踏まえ、生徒にとってよりよい提案をするカウンセリング
  • 世界から呼び寄せる優秀で教育者としての意識の高い講師
  • 全日制の英会話コース、エアラインコースなどの多彩なコース
ECC外語学院は全国各地にスクールを持つ英会話スクール(他言語も有)です。生徒の要望や状況をシッカリ聞くカウンセリングと講師の質及び高い意識、それに多彩なニーズにこたえるための独自コースが特長的です。
無料体験レッスンの申込み・資料請求はこちらから

 


 

即効性のある学習法の落とし穴とは?に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加