発音にこだわるのはやめよう

発音にこだわるのはやめよう

FMラジオから流れるかっこいいDJ、カリフォルニアの雰囲気を感じるアメリキャーンな英語憧れますよね。

 

ビジネス英会話を習う人は皆、あのような発音で話すことをゴールとしているのではないでしょうか。

 

英会話スクールでも最初に発音の練習をさせられるところもあると聞きます。

 

もちろん、発音が悪過ぎて通じないのでは悲しいので最低限は通じる発音が出来たほうがよいとは思います。

 

でもそれ以上にDJのような発音をする必要があるのでしょうか。

 

先日、ドイツ人と英語でビジネスをしました。その時の彼らの英語はまるでドイツ語でした。

 

「あ-ゆ-やぱ-に-ず(Are you Japanese)?」(ドイツ語はJaをヤと読む)

 

「いひろー、はろー(Ichiro, Hallo)」(ドイツ語はchiをヒと読む)

 

それでも、通じました。なぜならば、先方もこちらも話したいという意識でいたからです。発音うんぬんよりも内容が重要だったからです。

 

これがドイツ人でなくて日本人でも同じはずです。先方もこちらも話したいと思えばエルとアールが間違っていようと通じる、通じさせたいと話をするのではないでしょうか。

 

そして、もうひとつ。もしも外国人が二人いたとして、日本語が流暢だけど内容のない話をする人とゆっくり日本語を話してなまっているけれど何かを伝えたいと思って話をする人がいたらどちらとビジネスをしたいですか?

 

たとえば「あー、納入遅れるっす。すんません」という人と「物を届けるのが遅れますと思います。申し訳ありません」という人。極端ですが、後者ではないでしょうか?

 

発音にこだわるあまり、話せなくなったり必要な勉強ができなくなるよりも、いっそ発音は大概にして「話したいという気持ち」を大切にしませんか。

 

  • 生徒が英会話を勉強する目的、時間的余裕、予算をしっかり聞き、ぴったりあったコースを提案するカウンセリングがあります。
  • 生徒の習熟度を把握しやすい担任制をひいています。
  • 「イーオン・ネット・キャンパス」というインターネットポータルサイトを利用してレッスンの掘り下げができます。
イーオンは全国に300校のスクールを持つ大手英会話スクールです。充実したカウンセリングや担任制で生徒の上達度を責任もって管理する点、インターネットでレッスンを掘り下げて勉強できる点が特長です。
無料体験レッスンの申込みはこちらから

 

  • 英会話を学ぶ目的と予算を踏まえ、生徒にとってよりよい提案をするカウンセリング
  • 世界から呼び寄せる優秀で教育者としての意識の高い講師
  • 全日制の英会話コース、エアラインコースなどの多彩なコース
ECC外語学院は全国各地にスクールを持つ英会話スクール(他言語も有)です。生徒の要望や状況をシッカリ聞くカウンセリングと講師の質及び高い意識、それに多彩なニーズにこたえるための独自コースが特長的です。
無料体験レッスンの申込み・資料請求はこちらから

 


 

完璧な英語よりもコミュニケーションが大切 に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加